謎がいっぱいの体験入店!実は働く為に重要なポイント

>

体験入店の給与はどうなるの?

平均相場とバックについて

風俗と昼の仕事が違うポイントと言えば、時給や月給では無く完全歩合制である事です。簡単に言えばお店に来てもお客さんに付かなければその日の給料はありませんし、短時間でも多くのお客さんの相手をすればそれだけ給料が高くなります。
また風俗ではお客さんが支払ったプレイ料金が全て懐に入る訳では無く「バック率」と言って、コンパニオンが貰える額が決まっています。ライト系、ヘルス系の場合は40~60%が自分の給与となり、ソープランドはグレードによって違いますが前者と同じか一定額に決められているケースもあります。
1本(お客さんについた件数)辺りの単価が高ければ高い程、自分に返ってくるバックが高いのでやる気があれば短時間でもしっかりと稼げます。

体入の給与はどうやって決めているの?

多くの風俗で40~60%のバック率と決められていますが体入の場合は違いがあるのでしょうか?お店の方針によっても違いますが同じか50%のどちらかになるので、面接の時に聞いておくと良いです。お店側から丁寧に説明してくれる場合もありますが、こちらから質問する事で風俗について調べている事をアピール出来ます数字を明確にすればこちらも計算がしやすくなります。
ちなみに体入・本契約どちらもオプションは全額バックがつくので可能であれば指名やオプションをどんどん取っていきましょう。お店としても稼げるコンパニオンを雇いたいと思うのは当然なので、指名を含むオプションはその人の実力だと判断されます。
接客が終わったら何分入ったか、オプションはあったかをメモしておくと良いです。


この記事をシェアする